独占取材

「歯の治療の選択は人生の選択と同じで、自分で決めることが大切です。」 ハートデンタルクリニック 葉 清貴先生

2007年4月より宮崎県都城市に院を構える「ハートデンタルクリニック」。治療といえば医師主導のイメージが一般的ですが、ハートデンタルクリニックは患者側に治療方針を委ねる自己責任をコンセプトとした歯医者です。今回キレイレポート編集部では、院長の葉 清貴先生に取材しクリニックの理念や治療に対するこだわりについてお話を伺いました。
取材先: ハートデンタルクリニック(Heart Dental Clinic) 葉 清貴 先生

今回取材させていただいた先生

葉 清貴
葉 清貴 先生

インタビュアー

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

虫歯の治療方針は患者さんが決める。治療開始は患者さんの意思決定をしてから

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

ハートデンタルクリニックは一言で表すとしたらどんなクリニックなのでしょうか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

当院は、最終決断を患者さんに委ねる、患者さんが自分の治療方針を決定するクリニックです。

ハートデンタルクリニックは、患者さん一人ひとりに合わせた情報をお伝えしたうえで、患者さん自身に治療方針を決定していただくクリニックです。

歯医者さんの中には、「こんなことは患者さんもわかっているだろう」と思って、あまり話をされない方も多いですよね。当院では「なんでこんなに話すんですか?」と聞かれるくらい患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。

患者さんに必要な情報や、治療それぞれのメリット・デメリットを伝えたうえで、「患者さんの身体は、患者さんのものなので自分で決めてください。」とお伝えしていますね。

逆に「先生のことを信頼しているから全部お任せします!」といわれても、最終的には患者さんに決断していただきますし、患者さんの治療方針が決まらない場合は、決まるまで待ちます。

人生の選択と同じで、歯の治療は自分で決めるべきなんです

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

患者さんに治療の説明をする際のこだわりを教えてください。

葉 清貴
葉 清貴 先生

患者さんにとって症例写真が一番わかりやすいと思うので、症例写真を用意しています。

当院では、患者さんに症例写真をすぐ見せられるようにパワーポイントの資料を用意しています。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正・ホワイトニング・審美の被せ物など、治療ごとのビフォーアフター写真を、性別や年齢・治療期間・費用などと共にすぐに確認できますよ

また、症例写真については、サイトに計100症例近く公開していますが、ここまで公開しているのは九州では当院くらいかと思いますよ。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

患者さんが自分で決めるとなると信頼関係も重要になってくるかと思いますが、患者さんとはどんなコミュニケーションをとっているのでしょうか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

最初の問診で聞いたことを、2回目以降の診察にも活用するようにしています。

歯医者さんによっては「前回はここの治療をやったんでしたっけ?」といったように、患者さんのことを覚えてないこともあるかと思います。

当院では、1回目来院の問診でしっかり話を伺って問診票を作り込んでおきます。そして2回目に来院された際に「前回はこんなことをおっしゃってて、〜な理由で〇〇な治療を希望されてましたよね」とリピートするようにコミュニケーションをとっているんです。

それだけでも患者さんにとっては「話をちゃんと覚えてくれてる」と思って話やすくなりますよね。

実は、歯医者さんに対するクレームのほとんどはコミュニケーション不足が原因です。とくに、当院は患者さん自身に治療方針を決定していただくクリニックですので、コミュニケーションや、問診表・カルテをしっかり記録して把握することを大切にしています

治療へのこだわり

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

ハートデンタルクリニックではどのような治療を行っていますか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

矯正・審美・予防の3本柱で治療を行っています。

当院は、なんでもできる歯医者ではなく、矯正・審美・予防の3本柱で治療を行っています。むしろ、なんでもできる人=何もできない人だと思うんです。

たとえば、患者さんが難しい横向きの親知らずの抜歯を抜きたいと決めたのであれば、より安全で知覚麻痺などの副作用がでないような知識のある口腔外科の先生を紹介します。

逆に、矯正・審美であれば特に自信があるので、妥協せずに患者さまが納得するまで治療を行います

ドクターが満足いく治療をしても患者さんに不満があれば、どんな理由であろうと患者さんは満足できません。なので、患者さんの不満を解消するための努力は絶対にしていますね。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

矯正・審美の観点でのこだわりポイントを教えていただけますか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

矯正・審美で大切なのは、センスとどこで妥協するかです。

自費の被せ物の場合、自分が納得できないものはもちろん入れませんし、患者さんが満足できない場合は、満足できるまで何度でも作り直します

矯正治療の場合でも同じです。歯医者として責任を持って噛み合わせを良くするのはもちろん、患者さんの要望を聞いたうえで、満足するまで調整します。

もちろん、審美について日頃から切磋琢磨していますが、大切なのは、センスとどこで妥協するかです。私は絶対妥協したくないので、患者さんが満足するまで責任を持って治療しています。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

先ほどの3本の柱に予防もありましたが、虫歯治療や予防に関するこだわりを教えてください。

葉 清貴
葉 清貴 先生

虫歯治療に関しては、できるだけ神経を残す治療をしています。

虫歯治療は、神経を取る治療のほうが、1回の施術で痛くなくなる可能性が高いですし、歯医者からしても診療報酬が高いというメリットがあります。

しかし、歯の寿命をトータルで考えると、神経を残したほうが血管や栄養のいく管も残すことになるので、結果的に歯が長持ちするんです。

治療した歯が再び痛くなると、患者さんからすれば「虫歯を取り残された!」と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。神経をしっかり保護して薬をおきますが、絶妙に神経と交通している場合を考えると、絶対痛くならないとは言い切れないんです。

神経を残す治療は、クレームのリスクにもなりますし、やっている歯医者さんは少ないと思いますが、当院では歯の寿命を考えて神経を残す治療にこだわっていますね。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

かぶせ物や詰め物の材質にこだわりについてもお聞かせいただけますか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

高い材質を入れたからと言って虫歯にならないわけではありません。メンテナンスを怠ればやっぱり虫歯になるんです。

ほとんどの歯医者では材質の違いを中心に説明するので「高い被せ物にしたからもう虫歯にならないだろう」と誤解されている患者さんが多くいらっしゃいます。

しかし、どれだけ高い材質を入れたとしても、メンテナンスを怠れば虫歯になるんです。

当院は、予防にも力を入れているため、患者さんにメンテナンスに通っていただけるよう、半年に1回メンテナンスに来ていただければ、保険外(自由診療)のつめものやかぶせものの3年間の保証をつけています。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

メンテナンスに来ることが重要とのことですが、患者さんの通いやすさに関する取り組みについて教えてください

葉 清貴
葉 清貴 先生

患者さんにメンテナンスに行きたいと思っていただけるよう、待ち時間やコミュニケーションに注意を払っています。

当院では待ち時間を無くしたり、会計の手間などを省いたりするために、専用の予約アプリを使ったり、予約も1日に30名を定員にしたりしています。待ち時間0はもちろん、支払いもアプリ上で完結するので、診療後に受付を通らずにそのまま帰っていただけますよ。

また、患者さんとのコミュニケーションでは、ネガティブなことを絶対に言わないようにしていますね。

たとえば、歯医者に行くと、口の中を赤く染めて「ちゃんと磨けていないのでこれだけ汚れてますよ。」と言われ、少し責められているような気持ちになって素直に聞けないこともありますよね。

当院では、「今の歯磨きでもこれだけ磨けていますよ。ただ、これを少しプラスすればもっとキレイになるかもしれません!」とポジティブに伝えたうえで1点だけアドバイスをしています

たくさんの情報を伝えられても患者さんは覚えきれないので、1つのことを丁寧に伝えるよう院全体で心がけていますね。

自己責任を信念とするクリニックの今後

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

患者さんに治療の決断を委ねる歯科医は珍しいと思うのですが、なぜこのような方針にしたのでしょうか?

葉 清貴
葉 清貴 先生

両親とお世話になった先生の教えが大きいですね。

私の両親は、自分で責任を取れるなら何をしても良いという教育方針だったので、自由に育ててもらいました。とはいえ貧しい家庭の8人兄弟の末っ子だったので、中学生の頃から物を売ったり、新聞配達をしたりして、自己責任で生活をしていましたね。

また、歯医者になりたての頃、11年間勤務していた歯科医院も、自由に挑戦させていただける環境でした。

開業を決意した最後の3年間は、勤務医として籍を置かせてもらったまま、有給を使って新潟県や石川県のIT研究会会長や予防歯科の権威の先生のところに行かせていただきました。

また、その先生は本当に穏やかな人で、私含め衛生士さんにも怒っているところを見たことがありません

気になってその理由を聞いたら「いいことは他の人のおかげさま、悪いことは自分のせい」とおっしゃられたんです。

私自身、まだ実践できていないこともありますが、先生に言われたこの言葉は大切にしていますね。

ゆめみ大福🤍
キレイレポ公式アンバサダー
ゆめみ大福🤍

ハートデンタルクリニックの今後の展望について教えてください。

葉 清貴
葉 清貴 先生

自分の考え方を大切にしたいので分院展開は検討していません。ただ、もっとこの考え方を多くの人に伝えたいと思います。

私は、歯医者として自分がやりたいことをやって、それに患者さんがついてきてくれれば、それでいいと思うんです

売上をもっとあげようとも特に考えていませんし、自分の治療に対する思いを分散させたくないので、今後分院展開する予定もありませんね。

ただし、今は患者さんが歯医者を選ぶ時代ですが、10年以内かもっと早くに歯医者が患者さんを選ぶ時代が来ます。そんな時に歯医者から悪い患者さんと思われないように、逆に成長途中の歯医者にはこう頑張ってくださいね。といった内容の本を2024年春に出版予定です。

最初にもお伝えしましたが、歯の治療の選択は人生の選択と同じで、自分で決めることが大切です。逆に歯の治療の選択だけでなく、人生の選択も自己責任で考えましょう。といったメッセージを本を通じて歯科業界の人だけでなく、幅広い人に伝わればいいなと思います。